タグ:つぶやき ( 8 ) タグの人気記事

自分の立ち位置に迷う

先日家に遊びに来た初対面の20代前半のお嬢さんに、
「お母さんと話してるみたいです」と言われ、どう
リアクションしていいかわからずフリーズしてしまいました。

そうですよね、彼女位の子供が居てもおかしくないし、
実際、彼女のお父様は主人と同じ年だそうです。

傷ついたとか、腹が立ったとかではないのです。
お母さんというカテゴリーに入れられたことがなかったのと、
お母さんと話しているみたいという言葉が何を意味しているのか
わからずに混乱したのだと後から結論づけました。

子供のいる人は、子供の成長につれて、自分の年齢を再確認したり、
呼ばれ方が変わったりするので、自分自身と妻という役割しかない
私より、自分の立ち位置がしっかりしているのかもしれません。

仕事もしなくなり、家にいる生活をしている私は、人と接する
免疫力もさがり、いい大人なのに変にナィーブになってしまって
いるようです。
そして人から見た自分、自分が思っている自分とのギャップも
大きくなってきているのでしょう。

誰かのお母さん、誰かの奥さんではなく、いつまでも
自分のフルネームでよばれたいと若い頃は思ったものですが、
自分自身が曖昧になった今、自分の立ち位置がわからず、自分を
どう扱うか一番迷っているのは自分自身なのかもしれません。


[PR]
by downhill50 | 2017-02-06 01:12 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

たまにはマイナス思考も役に立つ…かな?

コップに水が半分入っています。それを見て「もう半分しかない」
または「まだ半分ある」あなたはどちらだと思いますか?

私は、「もう半分しかない」って思う方です。

それに加え、将来起こるかわからないことまで不安になって
心配したりします。

実際、その不安が的中したことは少ないのに、心が不幸になる
準備をしてしまうという厄介な思考回路を持っています。

実は昨年位からずっと気がかりなことがあって、ウジウジと悩んで
いたのですが、今日はっきりしたことがわかりました。
最悪を予想して、色々準備をしていたのですが、結果は思ったより
悪くないという感じで、逆に、この位で落ち着いて良かったなと
ありがたいとさえ思えました。
マイナス思考でいたからこその安堵感です。

実際に起こっていないことで、心が不幸になってしまうのは
考え方の悪い癖です。なかなか治りませんが、あきらめないで
がんばってみます。









[PR]
by downhill50 | 2017-01-21 08:01 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

紙と髪のストレス

捨てても捨ててもたまる紙のごみに、ストレスを感じています。

引越してから、新聞を取るのはやめたし、カタログの定期送付も
お断りしているのですが、それでも家のポストには毎日何らかの
チラシ類が入っています。

買い物も自分用の場合は、包装や袋をお断りをするのですが、
化粧品など商品自体が箱に入っているもの多いです。

また通販で買い物をすれば、段ボールのごみが発生し、商品以外にも
広告がたくさん同封されていたりします。

特に困るのは、住所や名前が印刷されているもので、シュレッダーを
かけて処分するのですが、シュレッダーした後のごみは、けっこう
重いし、飛び散るのです。

うちのエリアでは2週間に1度資源ごみとして収集してもらうのですが、
その度に、またこんなにたまったのね…とため息をつくのです。

ため息つながりで、床に落ちている髪の毛もストレスなのです。

年齢的なものなのか、季節的なものなのか、とにかく髪が抜けます。
フローリングの色が明るめなので、余計目立つのかもしれませんが、
掃除機をかけてもかけても、見つけてしまいます。

私は髪が長いので特に目立つと思っていたのですが、けっこう
「あれ?これ私の髪にしては短い?」と思う髪が落ちています。

ふと横を見ると、若い頃に比べ髪のボリュームが減った夫が
居眠りをしているのでした。

これは目立つわけだわ…とコードレス掃除機に手をのばす
今日この頃です。





[PR]
by downhill50 | 2016-12-27 11:02 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

ガッキーに癒される

いよいよ今日「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回ですね。

新垣結衣さん(以下ガッキー)が好きで何気なく見始めましたが、
石田ゆり子さん他、脇を固める役者さんの活躍もあり、毎週楽しみに
していました。
ストーリーも社会派ラブコメという新しいドラマの境地を開いたし、
何より美しいだけではないガッキーの透明感に癒してもらった
数か月でした。

ガッキーを初めて見たのは、2006年に放送された「ギャルサー」という
藤木直人さんと戸田恵梨香さん主演のドラマでした。
その時は、なんか背の高い女の子だなぁというだけの印象でしたが、
その後、テレビで彼女を見るたびに、どんどん可愛くなってるなぁ、
こんな娘欲しいなぁと思っていました。

少し前ですが、「掟上今日子の備忘録」で寝ると記憶がリセットされる
探偵役もしていました。
西尾維新氏の「忘却探偵シリーズ」のドラマ化ですが、白髪で眼鏡姿の
ガッキーを見て、これが似合うのは彼女だけだなと思いました。

まだまだ若い彼女。これからも色々な役で、私たちに元気をくださいね。

さて、もう一人の主役、星野源さんですが、このドラマを見るまで
存じておりませんでした。
しかも、何話か見た後で「あれ?この人真田丸に出てる?」と気づくという
鈍くささ。歌手でもあり、本も出され、映画の主役もされてたんですね。
すみません。

今さらながら興味を持ったので、「箱入り息子の恋」を見てました。
逃げ恥の平匡さんとかぶりますが、なかなか面白い映画でした。
(今ならGYAO!で無料で見れるようです。)

[PR]
by downhill50 | 2016-12-20 09:35 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

ブログを始めて思うこと

ブログを始めたきっかけは、ずっと低空飛行な気持ちを少しでも
上昇させたかったのが一つの理由です。

頭では気づかなくても、母を亡くしたり、その直後転勤になり
知らない場所で生活を始めたり、ストレスがあったみたいです。

子供がいたり、仕事をもっていたりしたら、自分の気持ちよりも
生活を優先させなければならないのでしょうが、幸か不幸か、
自分のことばかり考えても許される環境にいます。

友人と会って話したり、愚痴を言ったりできればいいのですが、
聞く方も嫌だろうな…と思うと、ついつい遠慮してしまいます。

自分より辛い人、自分より大変な人は世の中にはたくさん居るのだから、
甘えたこと言ってないで、しっかりしなきゃと思うけれど、未来に
希望も夢も持てない気がしているのも事実なのです。

自分の生活の楽しい部分、明るい部分だけをブログにできれば
いいのだけれど、ブログを始めたことが、今の自分を少しでも
光のある方向へ向かわせてくれればいいのですが…



[PR]
by downhill50 | 2016-12-16 20:06 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

無料の中で楽しむ 「マツコ&有吉の怒り新党」から

「マツコ&有吉の怒り新党」を毎週楽しみに見ています。

以前も「共感性羞恥」の話題を取り上げた時にも、すごく共感しましたが、
昨夜の「デジタル世代とアナログ世代-サービスに対する価値観の違い」
についてのマツコさんの話には激しくうなづいてしまいました。

古い世代が何かのサービスに満足しようとすると過不足が出てきて、
あれもこれもとなってお金を倍使ってしまう。
私がスカパーもWOWOWも加入しているいるのが、まさにその例です。

一方、若い世代は制限のあるもの、無料のものの中からサービスを
選んでいるという内容でした。

もちろん個人差はあると思いますが、暮らしを小さくする、節約すると
考え始めた私には改めて反省するタイムリーな話題でした。


(ちなみに、共感性羞恥とは、目の前で繰り広げられる “失敗” が、
あたかも自分に起こったかのように感じてしまうことだそうです。)





[PR]
by downhill50 | 2016-12-15 12:14 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

ある人の年間買い物計画の話

以前ある外資系の会社に派遣社員として勤務していたことがあります。
その会社はなかなか個性的な方が集まっていて、いまでも何人かの
方とは連絡をとらせていただいてます。

その部署でちょっと独特な方がいました。
有名大学出でお父様も会社の役員をされていて、いわゆるお坊ちゃま
でしたが、経費の使い方がスマートじゃないなという印象の方でした。

今では全然お付き合いもないのですが、なぜかその方が言っていた事を
いまだに思い出します。

それは、年初にその年のファッションの購入計画をたて、
予定外で素敵な服に出会っても、決して買わないという
ものでした。(ファッション以外は聞いていません。)

「えー、でも街とかでこれ欲しいとか思わないの?」
という私は、誘惑に負けて買ってしまうのは、意志が弱く、
消費に踊らされているだけだと一刀両断されてしましました。

当時、欲しいものがなくてもウィンドーショッピングを楽しみ、
消費に踊っていた私は、その方があまり得意でなかったのもあり、
なんかつまらない、でも、こういう人がお金貯まるのね…位で
スルーしましたが、今でも時折思い出すのは、結構印象的な話
だったのだと思います。

さて、実際、自分に当てはめて実行するかというと、これまた
難しいところですが、2017年の生活をイメージして、何らかの
計画をたててみるのも良いかもしれません。

まずは、購入リストではなく、これは買わないリストの方が
私には現実的かもしれませんが。

[PR]
by downhill50 | 2016-12-14 13:41 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

キリギリスの老後

アリかキリギリスかと言われたら、明らかにキリギリスです。
気づくと人生の冬がもうすぐそこで、慌てて冬支度を始めました。

私たちの若い頃は、年功序列で終身雇用が当たり前、
年をとっていくにつれ裕福になれると信じていました。

良い車にも乗りたい、ブランド物も欲しい、いわゆる
バブル世代の人間です。

時代は変わり、そんな夢物語も終わって、今では若い頃から
老後のために貯金する堅実な人が増えていると聞きます。

三つ子の魂百までといいますが、夫の会社員生活の終わりが
見えてきても、幸か不幸かどこかお気楽な気分が残っていました。

数年前からお世話になっているファイナンシャルプランナーの方に
改めて家計を見なおしてもらう機会がありました。

基本、保険や投資のご相談がメインだったので、初めて家計の内訳を
分析してもらい、今まで漠然としていたことが、明確な数字になって
示されました。
「我慢してない家計ですね」とキリギリス生活をずばり指摘され、
のんきなことに改めて危機感を感じています。

支出を抑える、収入を増やす、当たり前のことを今さらのように
考え始めましたが、不安にかられて迷走しないで、人に迷惑を
かけないように、アリさん生活に少しづつスライドしていきたい
ものです。

遅いかな…


[PR]
by downhill50 | 2016-12-13 11:13 | 老後 | Trackback | Comments(0)

50代 人生の緩やかな下り坂から思うことを綴るブログです


by downhill50
プロフィールを見る