阿波踊り見てきました

徳島県の阿波踊り初日に行ってきました。
今年の阿波踊りは、11日が前夜祭、12日から15日までの
開催です。


f0373098_14403768.jpg


初めて徳島で阿波踊りを見たのは3年前のことです。
その時は、四国に来たばかりでしたので、高知のよさこい祭りに始まり、
徳島の阿波踊り、最期に高松の花火と3日連続での参加でした。

今回も有料演舞場のチケットを用意していただいたのですが、
前回は藍場浜演舞場、今年は南内町演舞場での観覧でした。
(有料演舞場は4か所あります。)

阿波踊りでは一つの踊りのグループの事を「連(れん)」と言います。
徳島県には有名連と呼ばれる連が多数あります。
また、企業が企業名を売り込む目的で結成した企業連や、徳島以外から
参加される連など、多種多様です。

今回は、観覧した場所によるのか企業連が多かったように思います。
有名連では、男踊り、女踊りの他にやっこ踊りも披露してくれる連もあり、
厳しい練習を経たであろう整然とした踊りを披露してくださいますが、
企業連となると、趣がかわります。

「ヤットサーヤットサー」の掛け声のかわりに、企業名を連呼されると
違和感を感じますが、熟練した踊り手も減っており、企業のバックアップが
ないと成り立たなくなっているのかもしれません。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿保なら踊らな損損」

よさこいや阿波踊りを見る度、せっかく四国に居るのだから
参加したかったなと思ったりしますが、生半可な気持ちでは
失礼だなとも思います。

日本の素晴らしい伝統文化です。色々大変なことも多いとは
思いますが、質を落とすことなく続いて欲しいと切に願います。



[PR]
# by downhill50 | 2017-08-13 14:58 | 日々のできごと | Trackback | Comments(8)

50代 人生の緩やかな下り坂から思うことを綴るブログです


by downhill50
プロフィールを見る