カテゴリ:私が勝手に思うこと( 34 )

きまじめは損?

仕事の件、引きずっております。

派遣社員のお給料は年間で予算が決まっているため、
引継ぎ期間はぎりぎりで設定してありました。

今日も残業になり、このままでいくと予算を超えて
しまいそうです。どうなるかと言えば、ただ働き、
もしくはサービス残業をしてでも仕事を終わらせるか、
ギブアップするという選択もあるのかもしれません。
(派遣会社がうまく解決してくれることを祈ります…)

正直、1日でも前任者に会いたくありません。
誰でもができるやり方ではなく、自分流に色々やって
いるうえ、ミスが多く、その修正であっという間に時間が
過ぎてしまいます。

派遣会社の担当曰く、仕事のやり方には感覚派と理論派が
いるらしく、私は理論派で、木で例えるなら幹を中心に
枝葉の説明をされて納得します。
うまく言えませんが、作業の目的、流れと終着点を教えて
もらえれば、そこに向かって頑張ります。

私の前任者は感覚派なので、枝葉の説明ばかりを繰り返し、
結局その枝葉はどこのなの?と疑問だらけです。
自分一人で仕事を回すには、仕事も早いし良い所もあるので
しょうが、共同作業は向いていないのでしょう。

彼女にも立場や言い分があると思って、好意的にとらえようと
努力しましたが、結局は自分も理解していないことを隠すために
攻撃に転じているだけだと判断しました。この感情は変更不可です(笑)

とは言え、生真面目に引継ぎノートを家で見かえしている私は
生真面目で負けず嫌いで損な性分です。

これを乗り切ればちょっとやそっとで動じない自信が
できる気がするので投げ出したくないのですが、かなり
消耗しております。

明日から広島です。気分転換の下手な私は、この気持ちを
引きずりながら観光するのでしょう。あぁ損だ損だ。
やっぱり楽しまなきゃですね‼



f0373098_21253515.png

[PR]
by downhill50 | 2017-03-24 21:30 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(3)

因果応報と承認欲求

因果応報とは、過去や前世での考えや行いに応じて、必ずそれ相応の
報いがあるということで、本来は、よい行いをしてきた者にはよい報いが、
悪い行いをしてきた者には悪い報いがあるという意味でしたが、現在では
悪い行いをすれば悪い報いを受けるという意味で使われているようです。

今の状況で思いだしたことがあります。

10年位前、ある外資系の会社が日本に進出する際、その会社の社長の
秘書として派遣で仕事をしたことがありました。
1年位働き、その後母の調子が悪くなったため契約を延長せず、業務を
後任の方に引き継いだ時のことです。

後任の方が秘書経験が浅いとのことでしたので、細かい業務マニュアルを作り、
全体の流れを説明してから、マニュアルに沿って引継ぎをしたのですが、
今思えば、後任の方もしんどい思いをしていたのかもしれませんね。

当時は私もまだ若く、生意気でエネルギーもありましたが、今ではすっかり
枯れてしまい、たいていの仕事は代わりがきくし、人の評価は水物だという
思いがあるので、自分に下される評価に対して無頓着になりつつあります。
知らず知らずそういう思いがにじみ出てしまって、承認欲求が強い今の前任者を
いらつかせているのかもしれません。

ちなみに、承認欲求ですが、他人から認められたいという欲求が他者承認で、
自分の存在が理想とする自己像と重なるか、あるいは今の自分に満足しているか
という基準で自分自身を判断することを自己承認と言うそうです。

当時の自分に悪意があったわけではないので、因果応報の言うところの
悪い行いとは思いたくないですが、逆の立場に立つことによって、当時の
自分をかえりみるきっかけにはなりました。

せめてこういう経験が何かにつながっていく、もしくは過去の失敗がチャラに
なることを願って、この騒動からそろそろ卒業したいです。


f0373098_22424803.png

[PR]
by downhill50 | 2017-03-23 11:06 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(4)

愚痴です。(スルーしてください)

しばらく気持ちの余裕がなく更新できませんでした。
ここからは愚痴でしかないかもしれないので、しばらく
したら記事は削除すべきかもしれません。
f0373098_20272831.png



先週から派遣のお仕事で、いわゆる「一人事務」を始めました。
地方営業所で一人で週2~3日で、総務・経理事務を行うという
イメージです。

現在、前任者がいるので、引き継ぎはしていただけるのですが、
相性が悪く疲弊しております。

私が今まで恵まれていたのかもしれませんが、派遣で
仕事を紹介してもらい、業務上困ったことはあまり
ありませんでした。

初日から、前任者はずっと立ったまま戦闘モードで、
頭の上から指示をするので、すごい威圧感です。
何かを聞くと、毎回「さっき私なんて言いました?」の連続です。

その方曰く、自分は大した引継ぎをしてもらっていない、
前のファイルを見て自分なりにやってきたと。
そして突然、自分は学歴はないが頭がいいので、弁護士や
医者は無理でもたいていの仕事はできるとのたまわれました。

私は基本、心の中でも、すぐには人のせいにはしません。
こんなに引き継ぎがうまくいかないのは、自分に問題があるから
ではないのかと、まずは自分を省みます。
一度説明を聞いたことを、全部覚えていない私が悪いのなら、
もう能力不足です。申し訳ありませんという感じです。

でも、さすがに彼女は変な人なのかなと思い始めています。

客観的な立場の方、例えば派遣会社、勤務先の責任者に相談すると
特に自分に問題があるわけではないと言われました。
けれど、前任者の戦闘モードが日に日に激化し、それでも3日半は
罵倒に耐えましたが、さすがに今日は派遣会社に報告し、このままの
引継ぎでよいのか確認する旨、職場の上司と前任者に意思表示をしました。

彼女、帰り際に捨てぜりふを吐かれましたが、業務に支障をきたさない
ことの方が優先です。明日、改めて派遣会社と相談をします。

長々となりましたが、最後に余談を。

昨年末、手相を見てもらい、その時言われたことがどんどん
的中しているので、思い立って、もう一度相談に行きました。

手相はそうそう変わらないそうなので、今回は生年月日で。
すると、仕事を受けた時期、始めた時期などを総合すると
この仕事は続けるべきだそうです。そして4月4日から良い方向に向かうと。
(ちなみに彼女との引継ぎの最終日は4月3日です。)

気持ちは楽になりましたが、ちょっとコワッと思いました。





[PR]
by downhill50 | 2017-03-22 20:30 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(6)

気持ちの上書き

自分の周りにいる人を嫌いと思ったり、苦手だと思っているうちは
なんとかやり過ごせるのですが、その気持ちを口にした瞬間、
その相手が本当にダメになってしまいます。

キーボードで変換していた単語を実行キーで確定することと
似ている気がします。一度確定してしまうと、その後は、
文字も気持ちも同じで上書したり削除しないと、そのままずっと
残ってしまいます。

そんなことを思ったのは、久しぶりに書店で柴門ふみさんの
エッセイ「オトナのたしなみ」を手に取ったからです。

大分昔、ユーミンと柴門ふみさんの対談で、ユーミンが「私たちは
天才なんだから、その辺でブヒブヒ言ってるおばさんたちと
一緒にしないで」という主旨のことを言っていたのを読んで、
まさにその辺のおばさんになりかけていた私は、確かに天才だけど、
普通の人たちに支えられて成功しているのに、嫌な人たちだなと
思い、ずっとこのおふたりをスルーしていたのです。
(柴門さんがどうリアクションされたのか記憶がないので、
とばっちりかもしれません。ちっちゃい人間なんです私…)

先日、友人と会った時にその話をしたら、彼女に「そのくらい過激な
ことを言って自分を鼓舞しないとやっていけないんじゃない?」と
さらっと言われ、その友人への尊敬を新たにするとともに、二人への
印象が変わったのです。

久しぶりに読んだ柴門さんのエッセイは、自分のモヤモヤした気持ちや
言葉にできない思いなどをスパッと表現してくれていて、読後感は
気分が軽くなるものでした。
他の本も空白の時間をさかのぼって読ませてもらおうと思います。


[PR]
by downhill50 | 2017-03-14 12:36 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(3)

病院好きではないけれど

高校時代の友人とランチをした時、閉所恐怖症なので
MRIが受けられないという話を聞きました。

f0373098_01095233.png

うちは主人の会社の福利厚生で配偶者も毎年人間ドックを
受けることになっているのですが、彼女はどうやら意識的に
避けているようです。

病院が嫌いな人ってけっこう多いですよね。

私は母が病院嫌いで、我慢できるだけ我慢をした結果、即入院。
しかも治療に時間がかかり、苦しんだのを見て来たので、
早めに病院に行きます。
そんな私を見て、主人は「病院好きだよね」と言いますが、
決して好きなわけではなく、早期発見、早期治療が結局は
辛い時間を短くすると思っているからです。

そんなわけで、友人に「何かあったらこわいから病院行って」と
言いましたが、病院嫌いの彼女には嫌な話題だったかもしれません。

高校時代からの付き合いの彼女と、とうとう病気の話をするんだと
感慨はありますが、お節介な私は「オープンMRI」というサイドが
開放されているMRIを導入している病院をを見つけたので、彼女に
メールしようと思っています。


[PR]
by downhill50 | 2017-03-13 08:01 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

人の縁とは不思議なもので

2011年の3月11日、私は東京のオフィスで働いていました。
オフィスの窓から見える高速道路が揺れており、反対側の
窓からは火が上がっているのが見えました。

翌週から来日するスタッフに連絡をとり、フライト、ホテルを
キャンセルするなど、不思議なほど落ち着いて行動しました。
今思えば、自分の置かれている状況がまるで現実とは思えず、
日常を変えないことで自分を保っていたのかもしれません。

東京に行った時、その当時の同僚の方々と食事をしました。
当時私は派遣社員として働いていたので、正直その会社で
そんなに長く働くことになるとも思っておらず、しかもその時の
同僚との付き合いが10年以上も続くなんて想像もしませんでした。

さきほど、今日が3月11日ということもあり、その頃の同僚の
一人からメールをもらいました。その日一緒に避難した時の
ことが書かれていましたが、なんとなくそのメールで「人の縁」に
ついて考えてしまいました。

さだまさしの「縁切寺」という曲に「人の縁とは不思議なもので~」と
ありますが、今まさにそんな気分です。

すごく大好きだったり、とても密に会っていた人たちが、今では疎遠になり
消息も聞かなくなったり、切れていたと思った縁が突然つながったり、
人生摩訶不思議です。

今は、その縁を大切にし、消える縁は追わず、新たに訪れる縁は拒まず、
流れに任せて行こうと思っています。

最後になりますが、震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
そして今もなお苦しまれている方々に一日も早く平穏な日々が
戻りますように。




[PR]
by downhill50 | 2017-03-11 12:18 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(2)

快適な旅と靴のジレンマ

情けないことに、旅疲れが抜けずまだグッタリしております。

疲れの原因の半分は食べ過ぎなのですが、もう半分は靴にあると
思っております。

今回、わたし的にはおしゃれなお店に行くことが多かったので、
食事の時はワコールのSuccess Walkのパンプス、移動時は
レペットでと使い分けるつもりでした。


f0373098_18551954.jpg

レペットは、色々なスタイリストの方が大絶賛されているので、
一足買ってみたのですが、決して長時間用ではありません。
購入時に靴底のゴム張はアッパーとソールのバランスが崩れるから
やめてくださいと言われたので、そのままで履いていますが、
若干滑りやすく、地面からの衝撃をかなり足裏に感じます。

ワコールのサクセスウォークも歩きやすさが売りではありますが、
すっかり足を甘やかしている私にはヒールがあるこの靴もなかなかの
試練でした。

スニーカーで移動して、お店の近くで履き替えるという手もあると
思いましたが、荷物が増えてしまい負担です。
というわけで、明治神宮前から表参道に続く坂道を歩けるシューズを
急きょ購入しました。

「Le Talon(ルタロン)」、こちらのブランドも雑誌でよく見かける
割とリーズナブルな価格の靴を取り扱うショップです。
試着をさせてもらうと、つま先のクッションがしっかりしていて、
ヒールが合っても歩きやすい。
ついでにバレーシューズの赤も買ってしまいました。

f0373098_18560496.jpg

ホテルやレストランでは、お客様の鞄や靴をチェックすると言いますが、
値段の高い靴や鞄が実用的とは限らないと思っています。

自分の快適さを優先して、人の目を気にしなくなるのが早いか、
おしゃれで歩きやすい靴を見つけるのが早いか、どちらが先に
なるのでしょう…





[PR]
by downhill50 | 2017-03-09 19:03 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(4)

中森明菜 Live Tour 2006 The Last Destination

LaLa TVで中森明菜のLive Tour 2006 The Last Destinationを
見ました。

f0373098_11293945.jpg
(画像お借りました)

2006年、この頃の明菜ちゃんの記憶がありません。
曲もなんか聞いた事があるかな?という感じで、たぶん音楽自体
から遠ざかっていた時期なのかもしれません。

見始めると心がざわつきます。なんでか私にとって中森明菜という
アーティストはいまだに心を揺さぶる存在なのです。
小室哲哉が作曲した「愛撫」という曲を聞くとなぜか涙が出ます。

芸能人のプライベートとか正直どうでもよくなっていますが、
明菜ちゃんの悲壮感というか薄幸な感じとかがより彼女のスター感を
高めているのかもしれません。

しかし、細い。うでなんて折れそうです。

3月11日深夜にはLaLaTVで「Empress at Yokohama」が放映されます。
去年のディナーショーDVDになったら即買いなのに…

[PR]
by downhill50 | 2017-03-01 20:58 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(2)

ふるさと納税 その後

日々のことをブログに書いておりますが、アップした記事を
後から読み返すと、書いた時と感想が変わったりしています。

自分の備忘録のためにも、改めて整理しようと思いました。

ふるさと納税のりんごについて
いくつかは甘くて美味しかったのですが、形がかなりイビツだったり、
甘みのない物もかなりあり、売れない商品を送ってきたのかな?と…
特に訳あり商品となってなかったのですが、そういうものですかね。
今年は寄付しないと思います。


ふるさと納税の不知火(デコポン)
届いた時、大きさに興奮したのですが、個人的には小ぶりな方が良かったかなと。
皮も厚く、房も大きいので、一人では食べきれませんでした。
甘さは十分ですが、水分が少し足りない気がしたので、これもリピは無しかな…


ふるさと納税のふぐ
こちらは素晴らしいの一言です。
白子がお情け程度についてくるかと思いきや、大きめが3つ。しかも濃厚で美味しい。
ふぐの量も大満足です。丁寧な解凍方法のパンフレットもありました。
今年も納税させていただきます。

果物類をいただいたのは、今年が初めてだったので期待しすぎだったのかも。
お鍋の材料とか、うなぎとかの方が満足度が高いのかなと思いました。
今年はもっと余裕をもって、吟味させていただきます。



[PR]
by downhill50 | 2017-02-19 00:01 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(2)

車の運転について思うこと

おとといの高知道トンネル内での事故で亡くなった女性が
元なでしこジャパンの方だったとニュースになりました。
とてもお若い…ご冥福をお祈りいたします。

実は、同日、主人から、高知道で事故があり高速道路が通行止めに
なっているとメールがはいりました。
まさに事故の数台後を走っており、もう少しで自分自身も
事故に巻き込まれていたかもしれない状況だったそうです。

後でニュースの動画を見て、かなりひどい事故だったとわかり、
あらためて車の運転の危険性を考えさせられました。

引越してから運転することが増え、ドライバーのマナーの
悪さを日々感じています。
例えば、ウィンカーを出さない、車間距離をあけないなど
それ事故るよね?という運転をされてる方が本当に多い。

これは私の個人的な意見なのですが、車がないと生活が不便な
地域の人は運転する機会が多いから運転がうまい、もしくは
マナーが良いとは限らないと思っています。

現在私が住んでいるのは、人口10万人あたりの交通事故死者数の
トップ1、2を争う地域です。
実際、車間距離をあけずに走っていた車に追突されたこともあり、
いくら自分が気を付けていても事故ってもらうのだと思っています。

最近、本当に車の事故のニュースが多く、いつ事故に巻き込まれるか、
もしくは自分が加害者になる可能性は否めません。

私自身も含め、車を運転する方、毎日の運転はもちろんですが、
特に雪などの天候の悪い日は、他の交通手段を使うなり、どうしても
避けられない場合は、ご自身の運転を過信しないで細心の注意を払う
ようにしませんか?一瞬で人生が変わってしまわないように…


[PR]
by downhill50 | 2017-02-16 09:13 | 私が勝手に思うこと | Trackback | Comments(0)

50代 人生の緩やかな下り坂から思うことを綴るブログです


by downhill50
プロフィールを見る