カテゴリ:出雲大社の旅( 7 )

二泊三日の旅 その7 白兎神社~鳥取砂丘~自宅

水木しげるロードを後にして鳥取駅方向へ向かいます。
車に乗ると雨が降り出しました。

約2時間のドライブです。
途中、偶然に神話「因幡の白うさぎ」の舞台である
白兎神社(はくとじんじゃ)に立ち寄りました。

以前はやけどや皮膚病に効く神社として信仰されていましたが、
今では大国主と八上姫の縁結びの神となった兎にちなみ、
「恋人の聖地」と認定されたそうです。


f0373098_20305883.jpg

大国主と八上姫&うさぎ

f0373098_20312466.jpg


f0373098_20322956.jpg

鳥取駅方面へ向かいます。

夕食は、近くの炉端焼きのお店へ。美味しかったです。
食後はスターバックスへ。
こちらは47都道府県最後に出店されたことで有名です。



f0373098_20540572.jpg
(写真ボケてます。)


さて、夜は雨が降り続きましたが、翌朝は晴。
最後まで天気に恵まれました。


鳥取砂丘です。

f0373098_20414684.jpg

登っていきます。けっこうキツイです。

f0373098_20421934.jpg

登りきると、海が見えます。


f0373098_20424260.jpg

当たり前ですが、登ると降りないといいけないんですよね。
下りの方が怖かったです。結構、急角度です。

オアシス、ほぼ枯れてます。

f0373098_20430911.jpg


遠くにラクダが見えます。ラクダが気の毒で乗りたいなんて言えません。

f0373098_20435705.jpg

リフトに乗って、砂丘センターへ行きます。

f0373098_20442755.jpg

砂丘センターからの眺め。

f0373098_20451095.jpg

鳥取砂丘とお別れです。一度は来てみたかったので、
満足です。

倉敷のアウトレットで買い物後、帰途に着きました。


f0373098_20584189.jpg


2泊3日の短期間ですが、盛りだくさんの旅行になりました。
もっとゆっくり時間をかけるべきだったのかもしれませんが、
この位のペースが自分には合っているのかも知れません。

旅行中、増えた体重も、やっと元に戻り、またダイエット
仕切り直します。

長くつたないレポにお付き合いくださりありがとうございました。


[PR]
by downhill50 | 2017-06-17 00:18 | 出雲大社の旅 | Trackback | Comments(2)

二泊三日の旅 その6 水木しげるロードと妖怪神社

いよいよ鳥取県に入ります。

お昼は大漁市場へ行きたかったのですが、お腹がすいてしまい…
目についた境港の回転寿司へ。

うーん。ちょっと残念。軽くいただいて、夕食に期待します。


数分走ると、水木しげるロードに着きました。

道の両端には妖怪のブロンズ像が並んでいます。



f0373098_12110731.jpg


鬼太郎
f0373098_12112715.jpg

目玉おやじ

f0373098_12115206.jpg

ねずみ男

f0373098_12121059.jpg


中には入りませんでしたが、水木しげる記念館です。


f0373098_12134859.jpg


f0373098_12141872.jpg

f0373098_12144411.jpg

外国人の方もいらしてました。


最後に妖怪神社にお参りに。

f0373098_12153577.jpg
f0373098_12161688.jpg

御朱印帳一応持参したんですが、おみくじとお守りだけを
販売しているようです。



[PR]
by downhill50 | 2017-06-16 00:26 | 出雲大社の旅 | Trackback | Comments(0)

二泊三日の旅 その5 足立美術館

松江城を後にし、足立美術館へ向かいます。

お恥ずかしながら、お薦めいただくまで足立美術館のことを
ほとんど知りませんでしたでしたが、知る人ぞ知る美術館
なのですね。教えていただいて感謝です。

主人も出雲大社に行くと知り合いの方に言ったら、ぜひ
足立美術館へ行ってくださいと言われたそうです。


足立美術館は地元出身者の実業家、足立全康氏が昭和45年に
創設しました。
横山大観を中心に近代から現代の日本画の名作約1500点を収蔵。
5万坪の日本庭園は、米国の日本庭園専門誌
「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」による
庭園ランキングで、14年連続日本一に選ばれたそうです。
陶芸館には、北大路魯山人の作品が数多く展示されています。


館内は見どころがたくさん。上手にお伝えできず残念です。


エントランス
f0373098_21513574.jpg


f0373098_21521404.jpg

茶室への道

f0373098_21523804.jpg

ロビーから観る庭


f0373098_21530824.jpg

池庭

f0373098_21535807.jpg

生の額絵


f0373098_21532678.jpg


家に戻って写真を確認してみると、記憶が曖昧で
お庭の名前に間違いがあるかもしれません。



さて、またお小言を言ってしまいますが、美術館を巡るマナーって
ありますよね。

細かいことに気をとられて、ついイライラしてしまう自分自身も
心に余裕がなく嫌ですが、なぜか同年代の方々のマナーの悪さに
辟易することが増えました。

道をふさいでまで写真を撮る、自撮り棒で自分たちの世界に
ひたって写真を撮りまくる。大声ではしゃぐ。
はっきり言って見苦しいです。

痛い大人にならない。旅の恥はかき捨てにしない。
私にとってはとても大事なことです。


[PR]
by downhill50 | 2017-06-15 09:40 | 出雲大社の旅 | Trackback | Comments(6)

二泊三日の旅 その4 国宝松江城

2日目の朝は早めに宿を出発し、近くの松江城へ向かいます。

松江城は、関ヶ原の戦いの後に堀尾吉晴氏が出雲・隠岐を拝領
しました。
その後は京極忠孝氏、松平直政氏、松平治郷氏が歴代藩主です。

お城には外国人のツアー客がたくさんいらしてました。
お城ツアーとかあるんでしょうかね?


f0373098_22513210.jpg


かなり広い敷地の中に神社、迎賓館、小泉八雲記念館などがあります。

天守に向かう途中に松江神社があり、参拝しました。
こちらも縁結びスポットのようです。

f0373098_22534929.jpg


その左奥には「興雲閣」があります。無料で見学できるようですが、
なぜかスルーしてしまいました。


f0373098_22564342.jpg


興雲閣は、松江市が松江市工芸品陳列所として建てた建物です。
明治35年(1902)12月に着工し、翌36年(1903)9月に完成しました。
当初、明治天皇の行在所に使用する目的でつくられたため、装飾・彫刻を
多く用いた華麗な 仕上げとなっています。(HPより)

いよいよ天守へ。

f0373098_23053523.jpg


天守閣から見下ろした松江の街並みです。


f0373098_23061948.jpg


とても美しいお城でした。

見どころはたくさんあったのですが、次に足立美術館へ行く予定もあり、
駆け足で見学しました。後ろ髪を引かれる思いで、お城を後にします。


車に戻ると、雨が降り出しました。
すぐにやんだのですが、お天気が味方してくれている気分です。



[PR]
by downhill50 | 2017-06-14 12:20 | 出雲大社の旅 | Trackback | Comments(0)

二泊三日の旅 その2 日御碕神社から稲佐の浜

出雲大社の参拝を終え、日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)へ
向かいました。

島根半島の西端に位置し、神の宮に素盞嗚尊(すさのおのみこと)、
日沈宮に天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りしています。

f0373098_07512516.jpg


f0373098_08005138.jpg

こちらが日沈宮(ひしずみのみや)。

神の宮(かんのみや)の写真は撮り忘れたようです…


f0373098_08040246.jpg

日御碕神社を後にし、「稲佐の浜」沿いを走ります。


f0373098_09185661.jpg

様々な神話に出てくる海岸で、高天原の使者がこの浜に剣を立てて
大国主大神と国譲りの談判した場所と言われています。
f0373098_09191573.jpg


写真は弁天島です。
神仏習合の頃には「弁財天」が祀られていましたが、明治のころから
豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られているそうです。



島根半島の西の端から、今夜の宿泊先の玉造温泉へ向かいます。




[PR]
by downhill50 | 2017-06-12 12:29 | 出雲大社の旅 | Trackback | Comments(2)

二泊三日の旅 その1 出雲大社

初日は午後1時過ぎに出雲大社付近に到着しました。

まずは参拝の前に腹ごしらえを。
「献上そば 羽根屋」本店へ伺いました。

創業は江戸時代末期、明治40年にのちの大正天皇に御蕎麦を
献上したのが店名の由来だそうです。

f0373098_19041188.jpg


案内されたのは一階の和室のお部屋。大きな窓からお庭が見えます。


f0373098_00281895.jpg


オーダーしたのは、天ぷら割子そば。
お蕎麦は細めで、たれは甘め、とても美味しかったです。


f0373098_19054025.jpg


お腹も一杯になったところで、出雲大社にお参りに行きました。


出雲大社は因幡の白兎神話の主人公である大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)が、
天照大御神(アマテラスオオミカミ)に国を譲る時に与えられた壮大な宮殿と
言われています。

出雲大社には4つの鳥居があります。

第一の鳥居は宇迦橋(うがばし)の大鳥居といい、鉄でできています。
神門通りの入口に位置しています。

今回は駐車場の関係で、第一の鳥居からお参りできず、
第二の鳥居からの参拝スタートとなりました。

こちらが第二の鳥居で勢溜(せいだまり)の鳥居。木でできています。


f0373098_19065082.jpg


鳥居をくぐり、しばらく歩くと右側に浄の池がありました。
菖蒲の花が咲いていましたが、ちょっと出遅れましたね。


f0373098_19100347.jpg

払橋(はらいのはし)を渡ると松の参道です。


f0373098_00155639.jpg

この鳥居が三番目の松並木の参道の鳥居で、鉄製です。


f0373098_19111273.jpg

うさぎがたくさん。あちらこちらに居ます。

f0373098_19121632.jpg

f0373098_00190720.jpg


第4の銅製の鳥居をくぐり、拝殿へ向かいます。



f0373098_00213782.jpg



f0373098_19134362.jpg

こちらが拝殿です。

拝殿の奥にある御本宮は八足門から参拝します。
裏手から写真をパチリ。ここにもうさぎがいます。


f0373098_22445491.jpg

そして素鵞社(そがのやしろ)、こちらはヤマタノオロチを退治した
須佐之男命(大国主大神の父神)が祀られています。
本殿裏手の髙い所にありました。


f0373098_22512135.jpg


こちらが有名な神楽殿の巨大なしめ縄です。
拝殿の向かって左側に位置しております。

f0373098_19163702.jpg


ご朱印をいただく時に、係の方が私の御朱印帳を見て、
「何かアクシデントが?」と。
「お水をこぼしたので、書きにくくてすみません。」と言うと、
「お茶でなくて良かったですね。お茶の方もいますよ。」と。
おっちょこちょいのお仲間は他にもいらっしゃるようです。


この日は本当に緑がきれいで、空気が澄んでいました。
人もあまり多くなく、ゆったりと参拝できました。

神社巡りはトラブルが続いていたのですが、やっと
歓迎していただけた気分になりました。

次は少し先の日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)へ向かいます。

(続きます。)











[PR]
by downhill50 | 2017-06-12 01:10 | 出雲大社の旅 | Trackback | Comments(4)

出雲大社への旅

2泊3日で小旅行をしてまいりました。

出雲大社~玉造温泉~松江城~足立美術館~水木しげるロード
~鳥取砂丘~三井アウトレット倉敷のルートです。

初めての山陰地方。

初日は出雲大社へお参りし、日御碕神社まで足を延ばしました。

宿泊は、玉造温泉です。


f0373098_20241579.png


翌朝は早めに宿を出発し、松江城経由で足立美術館へ向かいました。



f0373098_20252012.png


お昼は境港で回転ずしを。そして水木しげるロードで散歩。
そして二日目の宿泊先の鳥取へ向かいました。

途中、白兎神社でお参りし、ホテルへチェックインしました。

鳥取駅近くの炉端焼き屋さんで夕食後、スターバックスへ。
このスタバ、47都道府県で最後に出店されたことで有名ですね。
せっかくなので行ってきました。

そして3日目。
鳥取砂丘に行った後、帰路の途中にある三井アウトレット倉敷で
買い物をし、家に戻りました。


f0373098_20260917.png

今回は本当にお天気に恵まれた旅になりました。

詳細は少しずつアップしていくので、よろしければ
お付き合いください。
[PR]
by downhill50 | 2017-06-11 20:31 | 出雲大社の旅 | Trackback | Comments(2)

50代 人生の緩やかな下り坂から思うことを綴るブログです


by downhill50
プロフィールを見る